脱毛の効率、やり方を確認しよう!

毛周期とは何なのか?

脱毛をするときによく耳にするのが毛周期という言葉です。レーザー脱毛や光脱毛など脱毛の施術方法にはさまざまなものがありますが、この毛周期に合わせて行わないと効率が高くありません。それではこの毛周期とは何かというと、毛が生えたり抜けたりするサイクルのことをいいます。具体的には、毛は成長期、退行期、休止期の3つの段階を経ます。脱毛方法で処理することができるのはこの中で成長期と退行期の毛だけで休止期の毛は対象外になります。毛の約60%以上は休止期の毛だといわれていますので、いくら脱毛しても後から毛が生えてきます。脱毛施術は複数回受ける必要があるのもこのためです。通常はこの毛周期のタイミングを見計らって施術を行って少しずつ全体の毛を少なくしていきます。毛周期はおよそ1ヶ月から3ヶ月のサイクルなので、そのくらいの周期で脱毛施術を受けることをおすすめします。

脱毛の施術を実感できるのは4回目以降!

脱毛施術によって自己処理しなくてもいいレベルに達するには最低でも10回の施術が必要です。1ヶ月から3ヶ月の周期で施術を受けると最短で1年間、最長で3年間の期間がかかります。夏の海で肌を露出する機会がある人は無駄毛処理をすることで自信をもって肌を出すことができます。注意点としては、最初のうちは脱毛の実感があまりわかないことです。施術を受けて1週間から2週間の間は毛が完全に抜け落ちているので、ツルツルの状態です。しかしながら、休止期の毛が生えてきますので、またもとの状態に戻ります。しかしながら、4回目あたりをすぎてから毛がどんどん細くなって、その本数も少なくなっていきますので、脱毛の実感があります。効果がすぐに現れないからといって施術をただちにやめるのは避けましょう。4回から5回は様子を見ることです。